2012年06月21日

夏にアベラワー

酒屋さんでアベラワーが売り出されていました。
なぜ初夏の暑くなる時季にアベラワー!!??


まるでクリームのような口当たり。
それでいてシェリーを感じさせ、
そして軽くやわらかい。
やっぱりニートで飲むのが一番ですね。
アベラワーもいずれは希少価値のあるウィスキーになってしまいそうですねもうやだ〜(悲しい顔)


それにしても、なぜ夏にアベラワーを売り出していたのだろう??
涼しくなったらまた飲んでみようかなかわいい
posted by プルトニー at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレンモーレンジ(オリジナル)

なぜアルコール度数が下がって価格が上がっているのでしょうか?
意味がわかりません。
常識では味にしまりがなくなれば値段も安くなると思うのですが。

やっぱりアルコール度数3%の差は大きいと思うけどなぁふらふら
もっとも、好きなモルトウィスキーの一つであるので
それでもよく飲むのですけどねわーい(嬉しい顔)


ナッツを思わせるウィスキーですね。
口当たりはやわらかく飲みやすいです。
グレンモーレンジは、ストレート、ロック、水割、ソーダ割など、
飲み方は何でもいけると思います夜


シェリー、ポート、マデラなど、
さまざまな樽フィニッシュのシリーズが出ておりますが、
やっぱグレーンモーレンジは普通のバーボン樽熟成のものが
一番美味しいかなぴかぴか(新しい)
posted by プルトニー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

アラン10年とアルコール度数

最近はジャパニーズブレンデッドばかりでしたが
久しぶりにモルトを買いました。

アラン10年
46%Alc./Vol

46度というところにも惹かれました。
最近は43度よりもむしろ40度のウィスキーのほうが
多くなってきたように感じます。
アルコールボリュームが低いほうが人気があるのでしょうか?
アルコール度数がある程度ないと不抜けた味になってしまいますよね。
オフィシャルでは40度がギリギリのラインだと感じてます。
posted by プルトニー at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

暑くなりました

スッキリしたもの飲みたいときは
ジンリッキーなどを頼むことが多かったのですが、
そろそろモヒートが美味しい季節になってきました。

ミントはそこらへんに生えてる雑草なんですってね。
今年もそろそろ頼んでみたいと思います。
ラベル:モヒート
posted by プルトニー at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする