2017年04月16日

思うこと

・なぜ国内ウィスキーは高いのか?(主にサントリー)
・同じレベルでもホワイトラベルは安価なのに美味しい。
 ディワーズ、ベル、バラン、などなど。
 ほかにも名前を聞いたことのないようなスコッチブレンデッドも同様、
 酒屋で1,000円くらいなのに美味しいです。

・辛口5段階の表示は1段階甘いものが多い。
 おもにスパーリングワインで、辛口3だとスプマンテだと感じる。

・ダブルウッド製法よりシングルウッドのほうがいいなー。
 たとえば、バルヴェニー21年より、15年バルヴェニーシングルバレルのほうが好き。
 モルトそのものの味が生きてる。

・価値。
 アベラワーとかなくなるのにあまり騒がれてませんね。
 将来、価格が跳ね上がるかもしれません。
 秩父のウィスキーなどは、まだまだこれからなのに
 マニアのあいだではボトル100万とか・・・。

・カクテル。
 ブランデーバッグを家で飲むならブラーがよいと思う。
posted by プルトニー at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋酒全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック